上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お答えいたします!

スカーフは好きなようにさりげなく巻いていいものです。
しかし、見た目だけで良いならそれで良いのですが・・・
やはり、おしゃれプラス機能性も重視しなければいけません。

スカーフの発祥地から始まって、スカーフの扱い方、材質、保存法 etc・・・ 
とても奥が深いのです。

そして、綺麗に崩れないように巻く、基本の巻き方、アレンジなどを
お教えします。

大きさや材質によっても、折り方、巻き方が変わってきます。
また、自分で巻く場合と、人に対して巻いてあげる場合とでは、手が逆になります。

こちらは、講師コースで2人一組になってみっちり訓練しないとなかなかコツが
掴めません。

誰でもスカーフなんか、本でものぞけば出来るんじゃない?と錯覚して教える人がいたなら
スカーフは常日頃触れていないとうまくさばけないのです。
手さばきを見ればすぐに素人さんかプロかわかります

今年の秋冬は、スカーフのおしゃれが(夏でもかなり出まわっていますが・・・)
大流行するそうです。
きちんとした基本の巻き方をマスターしておくと、アレンジも楽しくなりますよ!

もちろん、巻けばよいというものではありません、お顔のそばですから
きちんと、カラーコーディネートもしないとね!(カラーもお任せください)

当サロンにて、秋に向けて、 盛沢山企画を計画中です。

お問い合わせお待ちしてま~す
スポンサーサイト
ちょっと梅雨明け宣言はやまったんじゃない?
宣言の後だというのに、青空なんてまったく無し!
雨が降ったりやんだり・・・不快指数も120パーセント。
仙台は毎年、梅雨明けがはっきりしないのです

梅雨明けだ~!と喜んだその日、mホーム住宅会社のおしゃれなショウルームで
カラー&スカーフのセミナーに講師としてお邪魔してきました。
15名様の会員様、のご参加でしたが、「パーソナルカラー」と言う言葉を
はじめて聞いたと言う方ばかりでちょっと驚きましたが、
皆さん、カラーに興味がわいたようでお隣同士、お話がもりあがっていました。

「好きな色」がけっして「似合う色」ではないという事も、わかっていただけたかと
思いますが、好きな色は、やはり大事にしなくてはなりません。

青が好きなら、どんな青か?という事を知っていただきたいのです。
スカーフの講習はやはり、時間をとらないと無理なのですが、どうにか
2種類の結び方はマスターしていただけたかな~

今年は早くも秋に向かってスカーフが大流行だそうです。
デパートのスカーフの売り上げも確実に伸びているそうです。

是非是非、タンスの中からスカーフを出して、おしゃれに綺麗に巻いてくださいね。
今の時期は、冷房対策に、一枚はバッグにしのばせてくださいね!

今月の運勢に、人のために動くと良い・・・誰かのために・・・と言うのが
キーワードのようだった

その通りの毎日、かならず、いって良いほど・・・のために
ずーっと動き回ってきたような気がするが別に何も良い事はないような?・・・
別に見返りが欲しくてやっているのではないのだが、占いによると
何か良い事がありそうな事が書いてあったので変に期待してしまっている私(笑)

忙しすぎると読んで字の如し、気持ちに余裕がなくなり、心を失いかけている。

「このままではまずい!」と思い何も予定のない日を作ろうと意を硬くするのだが
何かの急な用事が必ずと言うほど入ってきて、断ればすむ事なのに
内心「うわ~っ!」とパニクッてしまいながらもどうにかこなしてしまうそんな自分に
時々一人で怒っている。

と言いながら、私もたまには?親しい友人を振り回しているときもあるから
あまり、えらそうな事もいえないのだが・・・
でも、その友人は結構韓国ドラマなど見る余裕があるので羨ましい・・・
彼女とて知る限り、忙しいはず、きっと時間の使い方が上手なのだと思う。

夫が入院している間にやっておこうとおもう仕事が山済みなのに一向に進まない
もどかしさに、ストレス度が益々アップしそうなこの頃。

そうこうしている間にリハビリに躍起になっている夫も退院が早くなりそうな気配。
どうしよう~

明日こそ、自分の時間を過ごすぞ~!と意気込んでいる私。
さてどうなる事やら・・・


市立病院から40日ぶりにまだ完治していないながら
退院してきた夫も3日程、自宅に滞在?して又再び
今度はS整形外科へリハビリ治療のため転院した。

「家はやっぱりいいな~」と何度も言っていた夫。
でも仕方がない、
内科とちがってリハビリで必ず良くなるという希望があるのだから
頑張って欲しい・・・

幸い今度は最上階、4人部屋の待望の窓際!遠くに荒浜の松原も見える、
窓を開ければ海風が心地よい・・・

また、新しい沢山の出会いがある事だろう、病棟とは「生の人生勉強の場所」だと
今回つくづく思った。

私が入院したいくらい・・なんていったら怒られるかな

夫を送り出した今日は休む間もなく、早速カラーの仕事だったが、
遠くから(石巻)いらしてくださった30代のお客様が
似合う色を身につけて印象がぐっと変わる様子を見ながら、
元気をもらえた様な気がして、この仕事をしていて良かった・・・と
幸せな気分になる。

その後、たてつづけに嬉しい友人たちの前触れ無しの訪問があり、久しぶりに
忙しくも楽しい充実した一日だった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。