上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のお客様は、お肌のファンデーションのお色をかなり濃いオークルカラー
にしていたせいか、そのお色に合わせたくすんだ茶系の洋服ばかりを選んでいたようでした。

そういえばお会いしたときはいつもダークなお色が多く、お顔が沈んで見えていました。


その1番の原因がお肌の色だという事がわかり、まず、お肌のベースカラーを今までの
ダークオークルからナチュラルオークルに変えてみたら
なんと10歳近くは若返ったのではないかと思うくらいいきいきと明るいお顔立ちに
変化したではありませんか

そして、そのお顔をさらに引き立ててくれるカラーのグループは?
サマーカラーでした。
オータムカラー(黄色味がかった、濁った落ち着いたカラー)を
どうしても選んでしまうというお客様に
ご納得していただくにはそう時間はかかりませんでした。

ドレープという生地を、4シーズン別にお顔の下にあわせて行くのですが
好きだった色が逆にお顔を暗くするという事が鏡の中のご自分のお顔を
見ていてはっきり分かったからです。

結果的には、柔らか味のあるブルーベースの少しグレーがかったお色のサマーグループでした。

まさかの結果だったのですが、新しい発見にお客様も、早速ファンデーションを買わなくちゃ!
と、又お洋服も自信を持って選べると喜んでくださいました

好きな色が似合うとは限らない、という分かりやすい例だったと思います。
茶系がお好きだった0さん、これからは茶色は茶色でも自分にぴったりの
茶色(アースカラー)を選ぶ事でしょう。

みなさん!お顔のベースカラー選びは大丈夫ですか?



スポンサーサイト
コーヒー



先日、紅茶のお話を聞きにあるセミナー?に行って来ました。

普段、何気なく入れている紅茶も、ちょっとしたテクニックで美味しく
入れることが出来るのだ・・・という事がわかり、得した気分になって帰って来ました。

最初に出されたのがダージリン、無農薬のインド産とか・・・
紅茶のシャンペンとも言われているダージリン茶
芳香と爽やかな風味とで多くの人に飲まれている紅茶です。流石に紅茶らしい
なじみ深い味でした。

最後にいただいたのが椿茶?のミルクティー、これは
言うまでもなく何倍でも飲めるくらいの、まろやかな味、実はイギリスでも、インドでも
紅茶と言えばミルクティーなんだそうな・・・

一日何杯も(1杯くらい)も水代わりに飲むそうです。
ミルクはタンニンを分解する働きがあり子供にも良いそうです。

インドなどでは母乳代わりにヤギのミルク(人間のお乳に一番近い)とブレンドして
子供に飲ませるそうです。

コーヒー派の方、カフェオーレを飲むよりはミルクティーのほうが体に油分が
たまらなくて健康的な飲み物らしいですよ!

ちなみに、講師の先生!お話上手なミドルエイジ、
スカーフの似合うおしゃれな方でしたが、
スカーフとなると黙っていられない悪い癖が出て、つい先生のスカーフを
ヨンさま巻きに変身させてしまい驚かせてしまいました。
ごめんなさい・・・

ところで、いつもの入れ方にどんな工夫をすると美味しい紅茶が出来るのかな?
それは又次回?!という事で
先日、テレビで日本人の笑顔と欧米人の笑顔は口の開け方の量が
ちがう・・・とその違いを放送していました

日本人は笑顔について特別子供の頃から指導は受けないし
親からも特別その事だけで褒められるという事も少ない。

しかし、欧米人は、とても「笑顔」を重視していて、小さい頃から子供に対して
「今日はとってもいい笑顔が出来たわよ!」とか「笑顔が素敵よ!」
と子供の笑顔を毎日のように褒めるのだそうです。

ですから、知らないうちに顔自体が笑顔になっていくのだそうです。

海外旅行に行った方はよく分かると思いますが
外国の方は皆さん知らない人にも満面の笑みをかけてくれるのです。

その「笑顔」についこちらも「笑顔」で返してしまいます。
笑顔は伝染するのです


先日、フラダンスの仲間とも、私たちの今後の課題は「笑顔だね!」と・・・
これからのレッスンは割り箸持参になりそう・・・

実際にに割り箸をくわえてみてください。
こんなに口をあけていつも笑っているかしら?とびっくりするかもしれません。

ちなみに外国人の方たちは割り箸をくわえた口の大きさよりさらに口角を
あげて笑っていると言うことも実証されているとのこと。

今すぐ、割り箸で実験してみてください。
自然な笑顔が素敵な人はそれだけで魅力的になれること間違いなしですよ





昨日、とある会場にてフラダンスの発表会に参加して
2曲ほど踊ってきました。

私は趣味でフラダンスを月3回楽しんでいます。
いつも思うのはショーのときに着る衣装の色がとても難しいという事です。

昨日も見ていたら派手な色合いばかりが多くて、もう少し、落ち着いたシックな
色合いで、髪飾りや、レイをアクセントカラーにしたものがあってもよさそうなのに・・・と
少しがっかり・・・。

メンバーの人数も多いと、なかなか意見もまとまらなくて
結局一部の古くから在籍している人の
意見ばかりが優先されていつの間にか決まっている。と言うパターンなのです。

ある「よさこい」のグループは毎年衣装担当、「当番」がかわって
その年、その年でイメージチェンジしているという。

同じ人ばかりが決めるのではなく、それぞれの個性、意見があってこそ
毎年新鮮な衣装デザインが生まれるのではないでしょうか?



知人からのお誘いで、「異業種交流会」などと言う会に
はじめて出向いた。
以前からなんか気になっていた会だったが・・・

「異業種交流会」ってひとつだけではなく結構いくつもあるっていう事も
はじめて知った。

20代から40代の方が大半を占めていて、私のような50代は
流石に少ないと言うよりいない!と言っほうが早く、早々に
帰って来たいくらいだったが・・・

途中で開き直って誰か知ってる人はいるはずだ・・・と見回していると
やっぱりある、化粧品会社のメンバーさんが何人かいて、あら~とご挨拶。

これに勢いづいてロッキーママは、何人かに頑張って名刺交換をしたが
ちょっと勇気がいってめずらしくエネルギーを消耗した。

中で面白かったのが、マジシャン倶楽部のメンバーたちの自己紹介だ。
トランプのカードをどれでも引いてください!と言われて好きなカードを引いて

手に取った瞬間名詞に早変わりすると言うもの。
何度やっても種はあかせない。

後で聞いたら、黒尽くめの彼はお医者様だとか、他の方も生命保険会社の
営業マンだったり、県庁職員だったり・・・それこそ異業種交流会にふさわしい面々だった。

今回の主役的、ある男性のファッションに目を奪われた。
仙台では珍しいおしゃれなスーツ、ボタンホールの糸の色がブルーで
ベストの背中のサテン地の部分がターコイズブルー。

個性的なので、職業は?とたずねると、デザイナーさんだった。
やっぱり~、と変に納得。

知人の友人の会計士さんもなかなかのおしゃれなジャケットをさりげなく着こなしていて
笑顔がセットで?良かった。

私の同伴の2人の素敵な女性たちは(以前カラーアドバイスをした方たちだったが)
自分色を身につけ、スカーフもコーディネートしてくれて
きちんとパーソナルカラーを自分のものにしていてくれてとても感動した。

何かと目を楽しませてもらった楽しいひとときだった。





石巻メイクセミナー、前回のカラーセミナーに続いての第2弾!

肌寒い中でしたが10名様以上のご参加でした。

普段しているメイクとちょっと違うパーソナルカラーメイク、のワンポイントアドバイス

なのですが、皆さんとても興味深くだんだんと目が輝いて生き生きしてくるのです。

そのうち笑顔も一段とアップするのです

それこそが私の求めているメイクアドバイスの効果だと実感します。

お顔をどんなに綺麗に仕上げても、どんな美人でも、

無表情で口をへの字に曲げていたら?

美しいと言えるでしょうか?

内面から輝いてこそ美しく輝くのです。

今日の皆さんもみんな心からの笑顔で帰ってくれたと

信じたいと思います。

いつもは見せた事のない笑顔が会場一杯に広がっていたと

主催者のかたは帰り際に言ってくださいました。

小雨降る暗い高速道路も何か、あったかい気持ちのお土産を積んで

快適な走行になっていたのが不思議でした

石巻文化会館にお集まりいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

今度は、ぜひ笑顔美人で再会しましょう



2008.04.11 春の装い
玄関前も花かごで春の装い・・

玄関border=


水仙の花も
大きくなりました。

庭の水仙



お花ばかり眺めてもいられず、
明日からは、カラー診断、あさっては石巻でメイクセミナーとカラーのお話と
又バタバタと忙しくなりそうで、しばし庭のお花は夫にお任せです。
2008.04.11 近くでお花見
笊川桜


昨日の冷たい雨もやんだので桜は咲いたのかしら?
と気になって夕方、買い物ついでに、笊川の桜を見に出かける。

するとご覧の通り、淡いピンクの桜が私をやさしく迎えてくれた。

昨年より一週間早い開花だそうだ。

せっかくなので・・

桜並木の下をウオーキングと決め込む。

なんか不思議と癒される気分。

ちなみにピンクは、やさしい・女らしい・かわいらしい・・・というイメージ。

桜色と土手の若草色とのコーディネートが

小川のせせらぎとともに本格的な春の訪れを知らせてくれていた。




次の写真は毎年、目に沁みるようなまっ青な花(プレモナリア)

我が家の春の庭の青いじゅうたん、となずけています。

プレモナリアの花






2008.04.09 ひとりしずか
「ひとりしずか」の花が静かに姿を現しました。

ひとりしずか


ひと雨ごとに急速に「春」が近づいてきます。

仙台の春はやはり桜が咲いてはじめて「春たけなわ」となります。

まだ、つぼみが膨らんだ程度らしい・・・

咲いてすぐ散ってしまうよりは待ち焦がれているうちが

もしかしたら本当の春を味わっているのかもしれません。

ちなみに我が家のお花見スポットは、歩いて7分、
せせらぎの音を聞きながらの笊川の土手。

そして、有名な三神峰公園へは、歩いて10分・・・

今週の日曜日あたりはお花見が楽しめそう・・・

matusima.jpg


毎年行く海の見えるホテル、
見慣れた景色でもその時々で姿を変えます・・・
私は春の光にきらきら輝く穏やかなこの季節の海が好きです。

リゾート気分が良いか、山の囲まれた温泉宿が良いかは
好み次第なのですが・・・

私は海や川の水辺が好きです。

海が見えて温泉付き!というシチュエーションが一番の理想というところでしょうか。

でも、皆さんちょっと現実的なお話になりますが・・・

海や川沿いのホテルや旅館には突然大きいムカデ?とか

東南アジアあたりはトカゲは当たり前。

そして海に限らないもかも知れませんが、たまには」丸々太った「ごきちゃん」
なんかも出没しますのでお気をつけてくださいね!

ホテルマンも、虫退治救急隊員に時々変身しているという現実がある
という事をお忘れなく!


なんか窓から見える綺麗な景色と美味しいお料理のお話をするつもりでしたのに
現実的なお話を書いてしまいました。

以前の体験を思い出したものですから・・・ごめんなさい。

2008.04.02 庭の春
クリスマスローズ

庭の片隅に、白と紫のクリスマスローズの花が下を向いてひっそり咲いていた。

今日は昨日の強風からやっと開放されて、我が家の庭も
春満開と言う感じになってきた。

白モクレンの花も、あっという間に今日開花宣言!

もくれん


ちんちょうげの花は甘い香りを庭一杯に漂わせてくれている。こちらも満開!

明日も又、違う春が見つけられるかもしれない。

楽しいお花との再会のこの季節が、私はとても好き・・・

ガーデニングの仕事は夫任せの私もこの季節だけは庭に出て

しばし日向ぼっこを楽しむ。

今月から、ひとつ仕事の出番?を減らしたのでこんな時間も取れるようになって

なんかほっとする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。