上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春は名のみの冷たさ・・・という言葉があるように
仙台の春は朝夕冷たい風が肌をさします

本日、太白区市民センターにて「スカーフセミナー」を開催いたしました。
会場はとても明るく綺麗で、スカーフの講習会にはぴったりでした。

あっという間の2時間、基本から入り、最後は「スカーフのバラの花」をお首に飾って
無事終了となりました

熟年層の方、お若い方との比率が3対7の割合でしたが、
皆さんの共通点は、おしゃれを楽しみながら、自分のおしゃれに
前向きに取り組んでいらっしゃるという事でした。

今回は私のカラーサロンにおいでいただいたお客様からのお声がけから始まった
ありがたい企画でしたが、これからは少しでも多くの皆さんに

スカーフの意外性、便利さ、素晴らしさをお伝えしていけたら・・・と
思っています。

帰りがけに、まさかのサプライズ!!に声も出ませんでした。
私のバースデイを覚えていてくださっていてそれぞれに、心のこもった素敵な
プレゼントをいただいたのです。

セミナーを企画していただいただけでも有難いのに・・・

殺伐としたニュースに心を痛めていたこの頃の私に温かいプレゼントが
心の奥まで沁みこんだ感動的なセミナーの一日でした。

お若い方たちには、少し抵抗のある私たちの年代、
今日の私の周りには壁などどこにもないのでした

ご参加の皆様本当に、ありがとうございました。

スカーフ講習会

スポンサーサイト
ブログ、08庭

毎年、我が家の庭に最初に春を告げる花。
それはミニすいせん・・・しゃらの木の片隅にひっそりと
かわいらしい姿を見せてくれるのです。

いつも、その姿を発見すると、あ~、いよいよ春がきたのね・・・と
知らされます。

忙しい毎日の中、たまに庭へ目をやると、すいせんのほかにもチューリップの芽が沢山
出てきていたり、クリスマスローズの花も可憐な姿を見せていました。

主人の母からおととしプレゼントしてもらったハナミズキの花、
去年は咲かなかったが今年はいくつか蕾を持っている、
咲いたら写真を撮って送ろうと思います。

この頃のニュースは信じられない事ばかり・・・

通り魔殺人のニュースに驚いている暇もなく今度は

ただ電車を待っていただけなのに、善良にまじめに生きてきた人が
いとも簡単に、荷物でも転がすように押し出されて帰らぬ人に・・・
なんてむごい事を・・・

双方の親御さんのコメントもあまりに悲しい。
当の本人はいったいこんな親の気持ちをどう受け止めるのだろうか・・

言葉にならない・・・

今、人の心に何が起きているのだろうか?

明日どうなるか分からない時代、「その日その日を大切に」なんて
あまりにも当たり前の言葉が、こういうニュースを聞くと重く響いてくる。

どんな小さなことでも幸せを感じずにはいられない。
健康で毎日を暮らせているだけでも心から感謝をして生きている喜びを
かみしめなくては・・・と思う。

心と心の会話を機械(メール)に頼らず、自分の言葉で相手と交信する大切さを
まじめに見直すべきときが来たのではないのだろうか?






本日のk’sカラーサロンはなんかとっても賑やかで
まるで喫茶店の雰囲気でした。

最近のご来店のお客様の平均年齢は30代。
本日は20代~30代の
男性含め(後で飛び入り?なんていったら叱られますね!)ご3人様、

若い方たちとおしゃべりしていると
他愛のない内容でも脳細胞が活性化してくるのを感じます。
こんな事をいっていること事態がもう老人化してしまった証拠かもしれない・・・

おばさんカラーリスト、このときとばかりに、(ずうずうしく)
普段困っていたPCの操作のご指導を急遽お願いする事に、
すると、あんなに悩んでいた事がすんなりと解決

そばで騒いでいる外野席の声ももろともせず、
クールなイケメン20代は、最後までさりげなく笑顔なのでした。大人~
(あとで、寝込んでないと良いけど・・・)

カラーのお客様をご紹介&お付き添い?のMさま(春色のコートすごくお似合いでした)
そして知的なお客様のT様、フェミニンなピンクが似合う事がわかって私も嬉しかったです。

皆さん大切なお時間をK'sカラーサロンで過ごして下さって・・・ありがとうございました



日本スカーフ協会主催の「講師懇親会」の為東京へ行ってきましたが
まず、人の多さと、電車の乗り降り、改札口探し、などなど・・・
何回行っても慣れた様で慣れません。
仙台駅に着いて、地下鉄に乗ると同じ電車内の風景なのに
なぜかほっとします。
そんな時やっぱり私は仙台生まれの仙台育ちなんだと、しみじみ思います。

ところで、スカーフ事情ですが、最近スカーフの売り上げが確実に伸びているそうです。
銀座どうりを歩いたとき、かなりの人が綺麗なカラーのスカーフや
マフラーを巻いていたのでびっくりしました。
さすが東京のセンスは「かっこいい~」なんて、すれ違う素敵な大人ファッションの
おじさま、おばさまに目が離せませんでした。

色がいいとさりげなく巻いているだけでも様になるから不思議です。

「カラーとスカーフのコラボレーション」を多いに楽しんだ「銀ぶら~」でした!

写真は神楽坂の裏通りのレストランで。「春色のわたし」

春色の




幼稚園のお母さま対象のメイクアップセミナーにアドバイザーとしていってまいりました。
子育て中といっても皆さん美しくありたいという気持ちは大いに
持っているのです。
ただ子育てがあるのでなかなかエステとかメイクアップサロンとかに
行きたくても行けないだけなのです。

そこでお子様ずれでも気軽に楽しめる会という事で前回のカラーに続いて
第2弾のお招きでした。

メイクは綺麗になるためだけではなく、元気な表情を作るためでもあり、
さらに気持ちまでも明るくしてくれる大切な作業?なのです。

お肌の曲がり角はもう30歳から~といわれています。
早いうちからお手入れをきっちりやっていれば
歳をとってからあわてなくて良いのです。

せっかくなら注目のリンパマッサージなども取り入れ顔の血流を良くしながら
毎日のお手入れをすると良いので実演をしましたがマッサージをした顔としない顔の
違いに驚いていました。

それから、その方のボディカラー(パーソナルカラー)に合わせた
カラーのメイクアドバイスなども取り入れてなおいっそうお顔に輝きが増すよう
チークや、リップ、シャドーなどの色の選び方もアドバイスしましたが、
実際にモデルさんの仕上がったお顔をみて皆さん歓声をあげていました。

綺麗になったお母さんの顔をみて一番嬉しそうな顔をしたのはもちろんお子さんでした。
お母さんを見上げながらニコニコした表情が私への最高のご褒美でした。

沖野にあるロりポップ幼稚園はお若い女性園長先生はじめみなさん職員の方
笑顔の絶えないあったかい雰囲気で、お邪魔するたび幸せをいただいて帰って来ます。
ありがとうございました。

今度お会いするときには皆さん綺麗に輝いていてくださるといいな~











昨日、石巻へカラーの仕事で行って参りました。
石巻?う~ん遠いかも・・・と思って早めに家をでたら
三陸道を通っていったら意外と早く到着。
遠いという感覚がありませんでした。
仙台南部から石巻港インターまで約一時間15分でした。
便利になったものです。

石巻へ行くなんてまったくご縁がなかったので
心配でしたが、若い方が大半の出席者でびっくり。
子育て中のママもいました。

やはりおしゃれに興味のある年代は20~40代なのかな~
土地柄か皆さんとてもシャイな方ばかりでどうしよー・・・と
内心心配しながら進めましたが、段々色の不思議さが
分かりはじめると質問が多くなり、目がきらきらし始めて
おしまいのほうでは私にこの色は似合いますか?
この色はブルーベースですか?
などともう、すっかりカラーのとりこ?になっていらっしゃいました。

帰りには主催者のお知り合いの方がわざわざ生きているホタテ貝を
沢山お土産に保冷ケースにいれて持ってきて下さってもうびっくり!
最高に甘くて美味しかったです!

仙台での仕事では報酬のほかにお土産つきなんて考えられなくて、
石巻の方たちの人情味あふれるお人柄に温かい気持ちにさせられた
カラーセミナーの1日となりました。

又来月!というお話もいただいて嬉しい限りです。
ありがとうございました。

石巻文化会館(とてもおしゃれできれいでした)の畳のお部屋でしたが
明るくて広くてお子様連れには快適な会場でした!

石巻方面にカラー旋風巻き起こそうかな~


3日間の東京での時間を過ごしてただいま戻りました。
さすがに夜遅くに着くのは疲れますね。
しかも、東京は電車の乗り継ぎが多く階段を何回も上り降りしなくては
いけません。
いかに「杜の都仙台」がのんびりと楽させてもらってるかが身に沁みました。

色彩学会の見本市、
とても、楽しかったです。カラーリストたちが使うグッズの販売業者さんの
展示会というものですが、各社創意工夫を凝らして、アイディア満載!という感じでした。

自分の卒業した学校にこだわらず、自分で必要と思ったものについては
どんどん取り入れていってお客様に分かりやすく、カラーをお伝えしていけたら
とてもベストなのではないかと思います。

気に入ったものが何点かあったので早速注文して今後の当サロンの活動に
役立てて行きたいと思っておりますので、又のぞいてみてくださいね!

それから、スカーフのご指導をいただいた和知ヤスコ先生が、横浜の
伊勢崎町の松坂屋デパートで、スカーフのデモンストレーションをやっているとの
情報が思いがけず入ったので早速(お茶の水)での色彩学会の会場から
かなり離れていたのですが
なりふり構わず吹っ飛んでいきました。

その後の内容につきましては又詳しく
お伝えいたしますが先生がせっかく仙台からいらしていただいたので・・・と
新しいアレンジを伝授してくださいましたので(相変わらずやさしい先生です!)
機会がありましたらスカーフの講習会で皆様にもご紹介いたしますね!

初日の大船(鎌倉方面)でカラリストを自宅で開いている方のサロン見学から
始まった3日間の滞在でしたが最終日の今日は
横浜の「みなとみらい」を友人たちとのんびり散策して
また、違った日本の異次元の世界(大げさかな?)を少し垣間見てきました。

東京で仕事をしている息子ともゆっくり食事をしながら親子の時間も取ることが出来たし
とても忙しくも充実した時間を過ごせて心地よい疲れと満足感に浸っています。

たまに、仙台を脱出する必要性を感じた3日間でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。